お金を借りるのって難しいの?

先日、友人の結婚式に出席してきた。
とても親しい友人だったので最後まで付き合うつもりでそこそこお金をおろしていた。
でも、3次会まで行って少し足りなさそうだと思い、もしたりなければ仲のいい友人に貸してもらえるよう頼んだ。

幸いその日は足りたけど、けっこうぎりぎりだった。
ある友人はキャッシング用のカードを作っていたが、私もいざという時の為に1枚作っておこうかと今検討している。
とはいえ、お金を借りるわけだから審査とかけっこう厳しいんではないかと以前から思っていた。
友人に聞いてみるとそんなことはないらしく、安定した収入さえあればカードを作ることはできるだろうと言われた。
友人に勧められたのはアコムACマスターカード。
このカードはキャッシングとクレジット両方の機能が1枚になっているカードで、審査も比較的ゆるいそうだ。
しかも、返済の自由度が高く自動的にリボ払いになるだけでなく、一度に返せるときは返すこともできるんだって。
マスターカードだから利用できるお店も多いし、利用者の人も多いらしい。

他にも無利息期間を設けている貸付業者のキャッシングも勧めてくれた。
7日間なら何度でも無利息というところや、初めての人なら30日間無利息というところもあった。

少し調べただけでもいろいろわかってきたので、もう少しじっくり調べて私の生活スタイルにあったところを見つけたいと思う。

債務整理のメリットとは?

任意整理とは、債務整理の方法の一つで、金融業者と話し合うことで、
借金そのものは減らさずに、利息や返済額を減らすというものです。

自分でもできないことはありませんが、交渉力が重要ですから、
多少費用はかかっても経験豊富な弁護士や司法書士に依頼する方がいいでしょう。

特に金融業者の取立てで悩んでいる場合には、弁護士や司法書士に依頼して金融業者に受任通知が送られると、
和解成立まで取立てができなくなるというメリットがあります。

また、金融業者の大半は出資法の上限に基づいて利息を設定していることが多いのですが、
利息制限法による利息の上限はもっと低いので、任意整理することによって過払い金が戻ってくることも多いものです。

任意整理をすれば、余計な利息を払う事なく、
現実的なプラン(計画や案のことをいいます)に基づいた返済が可能になるはずです。

官報にも掲載されないでしょうし、グレーゾーン金利(利息制限法の上限以上、
出資法の上限未満の金利)の金融業者に限定して行うことができるのも嬉しいですね。

ただ、任意整理をすると、信用情報機関に事故情報が登録されてしまいます。
いわゆるブラックリストに乗ってしまう為、以降7年くらいは新たな借り入れは出来ませんので注意が必要でしょう。

私は男性ですが、女性に負けないくらいアクセサリーが好きで凝っています。

仕事中はさすがに身に付けることが出来ないので、休日に思う存分楽しんでいます。

男性らしい厚みがありゴツゴツとしたデザインのチョーカーやブレスレットを愛用しており、そろそろ新しい物が欲しいなと思っていた時に、出先で私の好みに合うものに出会いました。

【参考】【総量規制対象外】即日カード発行でキャッシングできる会社一覧表

過払い金返還請求の無料相談へ行こう

2010年6月に改正賃金業法が完全に施行されました。これによって金利の上限も新しく決まり、これまでの利息制限法の範囲内の15パーセントから20パーセントという風に定められました。消費者金融などから借金をした経験のある人の中で、既に過払い金返還をされた方は少なくないと思います。

今では法外な利息により、借金の元金の返済はもとより利息の返済に追われるという図式が出来上がってしまいました。そんな過払い金に苦しむ方の強い味方が、おまとめローンと債務整理の境界線です。

その多くは司法書士事務所や法律事務所で行われています。過払い金返還請求の無料相談、というと大変難しい印象を受けますが、過払い金の返還というのは、実は思っているより簡単な手続きなのです。しかも、消費者金融などから長年お金を借り続けた人の半分以上が、過払い金の返還に成功しているそうです。借金を返済している人の中には、お給料のほとんどを返済に充てているという人も少なくないようです。

司法書士事務所や法律事務所に一般の人が相談に行くのは、何となく敷居が高いと思ってしまいがちです。しかし、勇気を出して一歩踏み出せば、今までの毎月の返済からひょっとすると逃れることができるかもしれません。さあ、思い切って相談に行ってみませんか?こちらも参考にしてみてくださいね。

クレジット審査の通りやすさ

クレジットカードを作る際に審査は必ずありますね。
そのクレジット審査に通るか通らないかってのは人生を否定されるかどうかと思うくらいにドキドキして待つことになります。
最近は即日対応って所が多いのでそれほどドキドキして待つ時間は少なくて済みますけどね。それでも審査を待つ感じというのは同じ時間ですからね。
他者に多額の借り入れがあって…なんていう人は審査に通るかどうかは本当にわからないですからね。
初めてのクレジットカード申し込みならまず問題なく審査には通るはずですからね。
申し込んだ時点で本人が1番ダメかどうかってのはわかっているはずですけどね。
ドキドキしながら待つくらいクレジットカードならつくないほうが良いように思いますね。
どうしても審査に通りたいと思うなら、ネットで「クレジットカード審査通りやすい」で検索して見ることをお勧めしますね。
ランキング形式で仕業に通りやすい会社が出てきますからね。
しかしそこまでして審査に落ちるって事もあるわけです。
が、そこがダメならほかもダメなはずですから諦めて他の方法を考えることてすよね。
お金を借りてその場しのぎをするのは結果的によくないですからね。

プロミスを利用中、カードを紛失してしまったら

今、テレビのCMで谷原章介さんや森カンナさんらが出演しているお馴染みの「プロミス」のCM。
たくさんのバージョンも放送されているので、きっと知らない人はいないと思います。
プロミスの会社は、消費者金融の様々な会社の中でもトップクラスの大手であり、利用する人も安心することができると言えます。
即日キャッシングに対応しているのも強みです。

プロミスは、三井住友銀行系列のグループの会社です。
ですから信用できる理由がここにあるとも言えますね。

プロミスは、カードローンでお金を借りることができます。
では、実際に利用している時に、もしカードを紛失してしまった場合はどのように対応すればいいのでしょうか?

カードを紛失した際にすぐに行わなくてはいけないことは、プロミスのフリーコール(0120-24-0365)に電話することです。
更には、警察に届け出をすることをオススメします。

悪用されないために、この2つをすぐに行うようにしましょう。

カードの紛失などといった困った時にも、プロミスなら、フリーコールなどですぐに対応してもらえますから安心できますね。
こうした対応の迅速さは、プロミスのような大手企業なら安心できると言えます。

では、カードを紛失し、見つからなかった場合はどうなるのでしょうか。
カードは、自動契約機、お客様サービスプラザ(店頭窓口)、プロミスのフリーコール(0120-24-0365)にて再発行の手続きができるようになっています。
フリーコールにて手続きした場合は、カードは郵送で送られるようになります。

即日融資といえば

例えばどうしてもお金が必要だけど手持ちも無ければ預金も無いときに、一時的にお金を借りて用を済ませる方法があります。
初めてお金を借りるとき一体どこの会社を選べば良いのか、普通は迷うと思います。
そういう時に、広告の中で即日融資、スピード審査という言葉を載せている場合があります。
わざわざ書いているくらいなので、普通は借り入れの申し込みをしてもその日のうちにお金が借りれるものではないという事になります。
つまり、貸す方だって、貸したはいいけれど返してもらえないというのでは大赤字になります。
だれでも、そういう風になりたくないと思います。
だから、業者は確実に返してもらえるかどうかを確認して、信用できる相手だと判断できた時に契約が成立してお金を貸してもらえるし、その確認のために時間が掛かります。
万が一お金を返してもらえなくても大きな損失とならない小額の融資に限り、身分証明書による本人確認とデータベースで借入状況のみを確認して、即その場で融資してくれる事がスピード審査になります。
その日のうちに融資を受けられるのは事実です。
しかし、金額的には複数の金融機関の借入金額の合計が最大でも50万円で、多くの場合は5~10万円の事が多いようです。
実際にその日のうちに融資を受けられるのは事実ですが、金額的には複数の金融機関の借入金額の合計 が最大でも50万円で、多くの場合は5~10万円の事が多いようです。 逆に即日融資で大きな金額が出る 場合には、法定金利を無視した悪徳高利貸しの危険が高いので注意が必要です。逆に即日融資で大きな金額を融資してもらえたなら、法定金利を無視した悪徳高利貸しの危険が高いので注意が必要です。

任意整理も費用分割ができるのですね。

任意整理とは何かご存知でしょうか。
任意整理とは、取引を始めた時にさかのぼって、利息制限法の上限金利に金利を引き下げて再計算します。
そしてそれにより借金を減額して、金利を少なくして元本のみをだいたい3年程度に分けて返済内容の和解を貸主と結びます。
以後、その和解内容で借金の返済をして借金の整理をします。
このような手続きを任意整理といいます。

このような手続きをするにあたり、分割払いができたら便利ですよね。
弁護士事務所によっては、任意整理の費用分割ができます。
回数が決められている場合もありますが、それでも分割にできればとても助かりますよね。

借金は無い方が絶対にいいですが、そうもいかない場合もあります。
そんな時の為にも、いろんな制度を知っておいた方がいいと思います。
困った時に、役立つことを知識として頭に入れておくことは、無駄なことにはなりませんし。
活用できることは、上手く活用していければいいですね。

私も任意整理のことは知らなかったのですが、友人から聞く機会があり知ることができました。
今この制度を使うわけではありませんが、自分の知らない制度を知ることができてよかったと思います。